Design

【Web】サイトを作る目的を明確にしよう!

2021.11.19

こんにちは。オーデザインチャンネルズの川口です^ ^

「Webサイトをつくりたいです」とご相談をいただくことが増えました(ありがとうございます)。
サイトを作成していく時、お客さまに最初にお伺いすることがあります。それは、「Webサイトをつくる目的は何ですか」ということです。

今回は、具体例も混ぜながら、Webサイトをつくる目的についてお話ししたいと思います。

1)Webサイトをつくる目的の例

つくる目的はそれぞれにあってもちろんOKです! ここでは、一般的な理由をご紹介します。

①自社の情報やサービスを広く知ってもらいたい

新規でWebサイトを立ち上げる時、一番多いのがこのご相談です。「会社の情報を掲載したい」「サービスを広く知ってもらいたい」「取扱商品を掲載したい」など、いわゆる会社の紹介サイトをつくりたいという目的です。
このようなご依頼があった場合、お客さまからヒアリングをしながら、どのようなサイトに仕上げていくか一緒に考えていきます。(会社のロゴやキャッチコピーがない場合、合わせてご提案できます)

弊社のWebサイトの制作事例

自社のイメージアップを図りたい

①を実現させるために、サイトの見せ方(ブランディング)が重要になってきます。サイトのリリース時から考えていくこともできますし、リニューアルという形でご提案することも可能です。
Webサイトは、会社のブランドイメージを確立し、価値を高めていく最適なツールになると思います。

弊社のブランディングについて

自社へのお問い合わせを増やしたい

Webサイトは一方通行ではなく、お客さまと双方向のコミュニケーションが可能です。「お問い合わせ」や「商品購入」など、お客さまがアクションを起こしてくれるよう、UI/UXを踏まえてサイトのデザイン等を考えてきます。
最近は、サイトのブログを充実させたり、SNSと連携させたりしながら、お客さまと手軽にコミュニケーションをとることができます。Webサイトを運用していくにあたり、サイトの更新方法も含めたご提案をいたします。

自社の商品を販売したい

ECサイトをつくることも可能です。販売する商品やご予算に合わせて、お客さまに合う方法をご提案します。商品撮影や商品のコピーを作成することもできます。

弊社のECサイトの制作事例

2)すべてに共通することは「信頼度」を高めること

いまや、誰もが手軽にWebサイトを持てるようになりました。SNSを使えば、伝えたいことをすぐに発信することも可能です。

だからこそ、Webサイトに必要な条件は、「信頼度を高めること」だと思っています。実態がわからない企業と取引する気にはなれませんし、どこの誰か分からない人が運営しているサイトから商品を購入しようとは思いません。

そこを丁寧に仕上げていくことこそ、よりよいWebサイトに仕上げていくための近道だと考えます^ ^

①サイトの運営者情報等をきちんと載せる

これは言わずもがなですが、企業情報はきちんと掲載します。場所や住所、お問い合わせ先だけでなく、企業理念や沿革等があれば、よりよりサイトにつながります。

②常に新しい情報を提供する

作ったまま放置されているサイトは、「このサイト、いつの情報かしら」など、ユーザに不安感を与えます。チラシやポスターと違って、Webサイトは常に情報を更新できるところが特長です。ブログ等を通して、新しいメッセージを発信していきましょう。

③分かりやすいデザイン、分かりやすい仕組み

ここはデザインの力と大きく関わってくる項目ですが、UI/UXを整え、分かりやすいサイトを目指します。サイトづくりは、「かっこよくしたい」「おしゃれにしたい」だけを目的にしていたら、絶対うまくいかないと思っています。何より「なぜこのデザインにする必要があるのか」を考えていくことが大切です。(ここは、お客さまと相談しながら進めていきたい項目です)

④サイトはSSL化しよう!

セキュリティを考える上でSSLは必要条件となっています^ ^

SSL(Secure Socket Layer)とは、インターネット上でデータを暗号化して送受信する仕組みのひとつです。クレジットカード番号や、一般に秘匿すべきとされる個人に関する情報を取り扱うWebサイトで、これらの情報が盗み取られるのを防止するため、広く利用されています。

出典: 総務省『国民のための情報セキュリティサイト』
https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/basic/structure/03.html

他にもいろいろありますが、工夫しながら、信頼度を高めていきましょう。

3)完成形を想像してみよう

まずは、「こんなサイトを作ってみたいな」というイメージを、頭の中で思い描くことが大切だと思っています。どういう世界観で商品を見せていきたいか、どうしたら注目してもらえるか。

イメージされできれば、私たちがお手伝いして、形にしていくことができます^ ^ 正解のない時代。私も常に、生きる道を模索しています笑
お客さまと一緒に、常に何かにチャレンジしてける人生にしていきたいです。

ご相談からでも構いません。
お気軽にご連絡くださいね^ ^

▼弊社の制作事例はこちら

SNSでこの記事をシェア

この記事を書いた人

川口 優子

川口です。どうも。デザインが好きです。動画制作にも興味があります。文章うまくなりたいです。インドアです。

TOP