blog

【検証】楕円を使っていい感じの吹き出しを作ろう

Design

オーデザインチャンネルズの川口です^ ^

チラシや資料等を作る時、強調したり分かりやすくしたりするために、「吹き出し」を使うことありますよね?
今回は、楕円(だえん)と三角を使ってつくる基本的な吹き出しの「いい感じのデザイン」を検証したいと思います^ ^

1)楕円(だえん)の比率を検証する

まずは楕円です。
下図は、楕円の縦横比(縦:横)を変化させたものです。一見、どれでもいいじゃないかと思うかもしれませんが、川口経験値からいうと、1:2を超える比率はあまりお上品ではないイメージ。楕円を横に伸ばし過ぎると、形が崩れて美しくなくなってしまいます。楕円の左右が尖って見えるのも影響していると思います。


じゃあ横長にしたい時はどうすればいいんですか」という話なんですが、そういう時は、楕円をひと工夫します!

方法としては、左右のカーブを調整することで、楕円の尖ってる感を無くします。これだけで、グッと印象が変わります!

2)三角の形を検証する

続いて、吹き出しの三角の部分です。
下図は、三角形の部分の大きさを検証したものです。吹き出しをいい感じにするポイントは2つあると思っていて、それは、「付け根の幅」と「三角の大きさ」です。


付け根の幅は、狭い方がいい感じです。広いと、あまり美しくありません。

三角の大きさも、大き過ぎると美しくありません。。。

まとめ)いい感じの吹き出しとは?

今までの検証をまとめると、

  • 楕円は縦長・横長にしすぎない
  • 三角形の吹き出しの付け根は狭くする
  • 三角形の大きさは小さめに

という感じです!
なんでも、もとのバランスを崩し過ぎると、良くないのかもしれませんね・・・

ぜひ、資料づくりの参考にしてください^ ^

ではまた!