blog

【色彩学】補色で印象的なデザインを

日々デザイン

オーデザインチャンネルズの川口です^ ^
みなさんは、色の組み合わせを考えるとき、どのような基準で色を選びますか?
色を配色する(2色以上の色を組み合わせる)とき、そこには色が調和するさまざまなルールが存在します。そのルールを知っていると、客観的に色でコンセプトをアピールすることができます!
さて今回は、私がデザインするときに好きな配色である「補色」について書きたいと思います。補色は、配色の中でも対比効果でメリハリがでる組み合わせです^ ^
みなさんが色を決めるときも、ぜひ参考にしてみてください。

補色って何?

補色とは、色相環で反対に位置する関係の色のことで、コントラストが強い配色です。反対側にくる色を選べばいいので、選びやすい!

PCCS(Practical Color Co-ordinate System:日本色研配色体系)の色相環



自然界の補色

自然界にもたくさん補色はあります。どれも綺麗な配色ですね^ ^

オデチャンに咲いていたラベンダーの紫と緑も補色
丹後の美しい海と砂浜も補色
峰山の朝焼けの青とオレンジの空も補色

自然と身の回りにある配色で、心地よいですね。



補色をデザインで使うときのコツ

補色が心地よいといっても、すべての補色が調和するというわけではありません。メリハリがある配色だからこそ、使い方によってはストレスを感じてしまうこともあるのです。選びやすい反面、色選びには慎重さも必要です。

色彩学的にいうと、補色の組み合わせを「ダイアード配色」といいます。スイスの芸術家、ヨハネス・イッテンがまとめた色彩調和論の一つです。

この配色で注意すべき点は、「高彩度同士の補色を並べると不快感を感じることがある」ということです。

例えばこんな感じ。

上記に、3種類の補色をおいてみました。左と真ん中は、目がチカチカするような見にくさを感じます。でも、一番右はそんな不快感は感じません。この違いは何でしょうか。

答えは、「明度差」です。
赤系と緑系は明度差がほとんどなく、反対に黄系と紫系は明度差が高いのです。このように、補色でも明度差が低い配色にしてしまうと、不快感のある組み合わせになってしまうのです。



補色の良さをいかそう!

上手に使えば、補色は粋で魅力的な配色だと思います^ ^
最後に、私の好きな補色の配色を紹介しておきます。
悩みましたが、こんな感じかなぁ。

オデチャンのドアとロールくんもほぼ補色


みなさんもぜひ、補色を使ったデザインに挑戦してみてくださいね^ ^

◆色彩学のその他の記事はこちら